2011年01月07日

最も一般的なアロマオイルの使い方

最も一般的なアロマオイルの使い方は、キャンドルを使ったものではないでしょうか。
キャンドルを使えば光を演出でき、空間のムードをよりよくすることも可能となります。


使用方法としては、まずはオイルウォーマーの上部に水をはって、そこにアロマオイルを3滴ほど垂らします。
その下に専用のキャンドルを置けば、上部の水が温まってアロマオイルが気化し、香りが広がるのです。


キャンドルは決して大きなものではないとは言え、火を使用します。
アロマキャンドルの周りに可燃物を置かないようにすることはもちろん、平らなところに置いて使用し、そばを離れるのなら必ず消火を確認してからにしましょう。


こうしたアロマキャンドルがなくても、洗面器やマグカップなどにお湯をはって、アロマオイルを2,3滴垂らせば、芳香浴というアロマテラピーを楽しめます。
お湯の蒸気を吸い込むことで精油の有効成分を吸収し、呼吸器の浄化を見込めます。
こうしたときにおすすめの精油が、樹木類、または樹脂類のものです。
posted by shoji283268 at 18:28| アロマの使用方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。