2011年01月13日

アロマテラピーにおいて、タブーとなる決まりごと

アロマテラピーの効能は長い歴史の中でだんだんと認められるようになり、日常生活においてもたいへん身近なものになりました。
そんなアロマテラピーで用いるエッセンシャルオイルには、強力な潜在能力を持ったものが多いです。
癒し効果が強いのはいいのですが、それと同時に強い副作用を持つものもあります。
アロマテラピーはあくまで自己責任で行うものであり、だからこそ、絶対に守らなければならない決まりごとがあります。
いくつかマッサージ 墨田区からご紹介しますので、ぜひ覚えておいてください。


ゆずやレモンなど、柑橘系のエッセンシャルオイルは光毒性のあるものがほとんどです。
使用した後には、できるだけ外出を控えましょう。
どうしてもそうしなければならないときは、オイルを必ず洗い流してからにしましょう。


また、外出時や入院時にアロマテラピーをするときは、エッセンシャルオイルが自分にあっていても、周りの人にとっては迷惑に思う方もいます。
特に入院した人にする場合、周りの患者さんや同室の方、オイルマッサージ 神戸市灘区にどのような症状があるか、あるいはアロマが原因でどうなってしまうかは分かりません。
こうした配慮を忘れないようにしましょう。
posted by shoji283268 at 16:22| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。