2012年01月30日

普通のおむすびなのに

母が握ったおむすびを食べるとなぜか安心します。

小さい頃から食べているからでしょうか。

これといって特徴もないような、普通のおむすびなのですが、
不思議と落ち着くんですよね。

もともとおむすびは、昔からよく食べていたので、
その記憶が埋め込まれていて、
食べるたびに思い出しているのでしょうね。

おそらく、これからいくつになっても、
そう感じていくのだと思います。

むしろ、これからもそう感じて行きたいです。
posted by shoji283268 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。