2010年12月17日

アロマテラピー検定を受験するにあたって

アロマテラピー検定は決して難しい試験ではないですが、精油を抽出する部位や方法、科名など、覚えることはたくさんあります。
なので、準備は早いに越したことはありません。
本番の数日前には、出題範囲を2〜3回総復習できるほどのゆとりを持てれば理想です。


アロマテラピー検定の受検当日には、受検票(受検日2週間前に郵送されてきます)と筆記用具(鉛筆、消しゴム)が必要となります。
試験会場には早めに行って、まずは会場の雰囲気になれましょう。
また会場は、女性のほうが圧倒的に多いです。
トイレが必然的に混んでしまうので、気をつけましょう。
また、男性用のトイレがそのときだけ女性用になることもあります。
男性は、かなり遠いトイレまで行かなくてはならなくなるかもしれません。


試験開始からしばらく時間が経つと、解答を終わった人から退室できます。
終わるなり多くの人が退室していきますが、ここで慌てては負けです。
何回も見直しをして、うっかりミスをできるだけ減らすようにしましょう。
ちなみに、検定を合格するには、1級、2級ともに正答率80%ないとダメです。
最後にかける一手間が、合否の明暗を大きく左右するかもしれません。


知人のセラピストが、こんな風に話していましたよ。
posted by shoji283268 at 19:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。