2010年12月02日

アロマテラピーが心身に効果がある理由

アロマテラピーは、アロマオイルの良い香りを楽しみながら、それ自体の有効成分を体に浸透させることで効果を得られます。
では、そのアロマテラピーの作用とは、体に対してどのように影響を与えるのでしょうか。


アロマテラピーの作用には、2つの方法があります。

・芳香浴
香りの分子は、鼻から体内へ入っていきます。
鼻から入った香りは、嗅細胞や嗅神経に仲立されて信号に変えられて、脳へ伝わります。
その後、視床下部の脳下垂体(ホルモンや自律神経系などをコントロールする内分泌系で、免疫系の機能の中心)などに伝わります。
そこまで伝わって「良い香り」と感知すると、体に働きかける物質の分泌が活発になります。

・アロママッサージ
アロマオイルの成分は、皮膚の表面に出ている皮脂と混ざり合います。
この混ざったオイルが角質層を通り、皮膚の毛細血管に入り込みんでいきます。
そうなるとやがて、アロマテラピー効果が全身に行きわたります。
そして、このとき同時に鼻からも香りを吸いこむため、神経系にも働きかけるのです。


以上のように、アロマテラピーは心と体の両方に作用するのです。
アロマテラピーが体だけでなく、精神疲労などのメンタルにおいてもいいとされる理由はこのあたりにあります。


[PR]
マッサージ 練馬
マッサージ 港区
posted by shoji283268 at 15:17| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

アロマテラピーは女性びいき!?

人間の体内ではたくさんのホルモンが作られ、はたらいています。
生殖器系はもちろん、胃や腸といった内臓でもホルモンが作用しているのです。


アロマテラピーにおけるホルモンとは、たいていは女性ホルモンのことをいいます。
例えば、生理における不調{生理痛やPMS(月経前症候群)など}、更年期障害による苦痛などを抑えるために施術されます。


PMS(月経前症候群)とは、生理前の肩こりやむくみ、いらいら感などといった諸症状のことをいいます。
PMSは情緒不安定を引き起こしやすいため、リラックス効果のあるアロマテラピーは大変有効なのです。


更年期障害においては、それ自体に効果があらわれるというものではなく、それにともなう不快感や感情の不安定を、香りで和らげることができるのです。


ただし、アロマテラピーはあくまでも医療ではありません。
こうした婦人科系のトラブルの根本的な解消をするには、病院できっちりと診察を受けるようにしましょう。


[PR]
マッサージ 新宿
東京 マッサージ
posted by shoji283268 at 18:36| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

アロマテラピーによってもたらされる効果

アロマテラピーの効果は成人病や心身症への有効性も確認されています。
また、それに伴う心理作用や生理作用、および抗菌作用があることもあります。


例えば胃潰瘍を患っているときにアロマテラピー療法を行うと、神経系の鎮静作用のある物質が出てきます。
それによって胃の粘膜に傷がつかなくなり、次第に血流も元通りになっていくということになるわけです。


現代病(糖尿病や動脈硬化などのこと)は血液の酸化が引き起こすことが多いため、ハーブなどを嗅ぐ(血液の酸化を抑制する作用があります)ことで対応できます。
もちろん香りを嗅ぐだけでなく、ハーブティなどで直接体内に取り入れる手段もあります。


アロマテラピーの精油に使われている植物には、害虫などから自らを守るための抗菌作用の能力があります。
またその香りに関する様々な記憶やイメージが、嗅いだ瞬間にフィードバッグされることで、心理作用も期待できるのです。


このようにアロマテラピーの効果は、その病気の直接の治療としてよりも、相乗効果に期待がもてる治療になります。
実際、そういうことでアロマテラピーをする人も少なくありません。
posted by shoji283268 at 18:11| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

アロマオイルと生まれしフローラルウォーター

通常、アロマオイルは原料である葉や花に湯気をあてて、香りの成分を蒸留します。
アロマオイルをこの方法で作ると、アロマオイルが上部に溜まり、蒸留水が下部に溜まります。
この溜まった蒸留水の中にも、アロマオイル同様、わずかですが香りの成分が含まれています。
このことから、この蒸留水のことを「芳香蒸留水(フローラルウォーター)」といいます。


フローラルウォーターに含まれる芳香成分はごく微量で、アロマオイルと比べて肌に与えるダメージはずっと少ないです。
そのため、薄めることなくそのまま肌につけることができます。


価格がアロマオイルよりもずっと安く使用時に薄めるなくていいため、手作りコスメの材料やスキンケアなどに幅広く使われています。
そのほかにも、洗濯のすすぎの際にフローラルウォーターを少し入れてやると、洗い上がりがほんのり香らせたり、そのままルームスプレーとしても使用できます。


肌へフローラルウォーターがどう働くかは、それと同時に作られるアロマオイルとほぼ変わらないものが多いです。
しかし、中にはそのフローラルウォーターにしかない働きをするものがあります。
一度チェックしてみてはいかがでしょうか?
posted by shoji283268 at 13:49| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

アロマの香りにこだわるワケ

アロマセラピーは、皮膚からオイルの成分を体内に浸透させるほかに、花から吸入させて嗅覚に訴えかける方法があります。
この「吸入」の手法は、心理的に非常に大きな効果があるといわれています。
なぜなら、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚という5つの感覚のなかで、ただひとつ嗅覚だけが、いわゆる「古い脳」に直接刺激を与えることができるからなのです。


人間の大脳には、外側に「大脳新皮質」という理性を司る組織があり、内側には「大脳辺縁系」という記憶や本能、感情を司る組織があり、それぞれの別称として「新しい脳」、「古い脳」といわれています。
嗅覚以外の感覚から伝わった情報ははじめに大脳新皮質(新しい脳)を通過してから、大脳辺縁系(古い脳)に送られるのですが、嗅覚を通じた情報だけが、大脳辺縁系(古い脳)にダイレクトに伝わるのです。


いい香りをかいで「古い脳」を活性化させることは、感情の豊かさを取り戻したりストレスを軽減させたり、精神状態をよいバランスに保つのに効果があるとされているのです。
posted by shoji283268 at 19:53| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

たくさんあるアロマの効能

アロマセラピーの効果には、香りの効能だけでなく、
精神的にバランスを整えたり、身体の不調などを調和したりと、
心の悩みなどにも効果があります。
ですので、その日の気分で香りを変えてみるのも良いかと思います。

どのうような香りが良いのかは次のとおりです。

腰痛や肩凝りなどに効くのはジュニパーです。
マッサージ、アロマバス、温湿布などに使う方法があります。
精神面では集中力をつけ、やる気を出し、
二日酔やセルライトの除去の予防にも効果があります。

次に眠れないという方にはラベンダーが効果的です。
ベッドの横に置いたり、睡眠の前に芳香浴をしたり、
洗濯をする時に少し垂らしたりしておくのもお勧めです。
ラベンダーにはリラックス効果もあるので、ストレスも解消してくれます。

そして女性が1番気になるダイエットにはグレープフルーツが良いです。
ダイエットの他には、気分をスッキリさせたり、
リンパの流れを良くするので消化器系や頭痛にも効果があります。

その日の気分や目的に合わせて、アロマの効能を堪能してみましょう。
posted by shoji283268 at 19:38| アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。